『木々の新緑がまぶしい「緑」の季節でした。』

午前中の穏やかな日射しも、正午近くなると強さを増し、私は

思わず近くの公園の緑陰に涼を求めて逃げ込みました。

 

グラデーションの美しい若葉の間から辺りを見まわすと、そこには休日の公園にふさわしい光景があります。

サッカーボールを追いかける子供たち。ベンチで楽し気に

サンドイッチを食べるカップル。

 

そんな中、ひと際目立つ男性。真っ白なシャツは新樹光を浴びて

キラキラと輝いている。

どうやら、飛び跳ねるように走る足の短いユーモラスな犬に、

繰り返しボールを放ってあげているようです。

 

子供のように無邪気に笑う横顔をぼんやり眺めていました。

するとボールは高くゆがんだ弧を描き、軌道をそれ、

私の足元に転がってきました。

笑顔をこちらに向けて何か叫んでいる男性。

「こんにちは!」と答える私。

 

これが、私とニコロ、カートとの出会いです。

copylight GAMO+Anywhere Out of the Worldall rights reserved.
GAMO Anywere Out of the World SHOP MAP GAMO+AOW MOVIE